モバイル広告用語集

この記事は約 3 分で読めます・1524文字

広告や携帯の世界では、カタカナ語、英語など、独特の言葉が多数存在します。そんな用語を一般的な意味ではなく、モバイル広告の分野で使う用語集を説明します。

CL

CLとは、クリックのこと。

CL数とは、クリック数のこと。

CPC

CPCとは、クリック単価のこと。Cost Per Click。

500,000の広告商品で、5000クリックだった場合、

¥500,000÷5000=100で、CPCは\100となる。

【計算式】
広告商品価格÷クリック数=CPC

CTR

CTRとは、クリックスルーレートの略。Click Through Rate

クリック率と同義。

クリック率といえばいいのだが、広告業界の人はCTRという。

CVR

CVRとは、コンバージョンレートのこと。獲得率のこと。

CVが50、CL(クリック数)が5000のとき、CVRは1%となる。

 CVRが高い広告が価値が高いといえる。
(獲得を目的とした広告を、広告主が出稿している場合)

【計算式】
CV(獲得数)÷クリック数=CVR

imp

impとは、インプレッション(impression)、表示回数のこと。

imp数とあると、表示回数を表す。

PV

PVとはページビュー(page view)といい、該当ページが何回見られたか、を表す。

広告の場合、impとはほぼ同義と思っていただいて良い。

広告の表示回数をimp数と、記載しているところと、PV数と記載しているところがある。

細かく分ければ、imp数とは、その広告バナーが何回表示されたか、をいう。

PV数とは、その広告バナーが掲載されているページが何回表示されたか、をいう。

PV単価(imp単価)

PV単価とは、1PV(ページビュー)あたりの単価のことをいいます。
imp単価とも、ほぼ同義と考えていただいて問題ないです。

imp単価は、バナー1表示あたりの単価のことをいいます。

例えば、100,000PV、1,000,000円の広告商品があったとすると、この広告商品のPV単価は0.1円です。

【計算式】
広告商品価格÷PV数=PV単価

テキストバナー

テキストバナーとは、テキスト広告のことをいいます。

PCの世界では、テキスト広告というのに対し、モバイルの世界では、テキストバナー広告といいます。

下記のように8文字×2行の形式が多くなっています。

(PR)0123456
012345678

出稿

出稿とは、広告を出すこと。広告を掲載すること。

ピクチャーバナー

PC広告では単に、「バナー広告」、というところ、
モバイル広告では、「ピクチャーバナー広告」、とピクチャーというのを頭につけます。

これは、テキスト広告のことを、モバイルの世界では、「テキストバナー広告」、ということから、区別する意味で使います。

フッター

フッターとは、広告の位置でサイト下部のことをさします。

フッターとヘッターを比べると、フッターのほうがCTRが低く、広告価値、広告価格も低いといえます。
ヘッダーとフッター

ヘッダー

ヘッダーとは、広告の位置でサイト上部のことをさします。
ヘッダーとフッターを比べると、ヘッダーのほうがCTRがよく、広告価値、広告価格も高いといえます。
ヘッダーとフッター

補填

補填とは、広告が想定通りの効果が出なかったときに、ある程度の地点まで、広告を掲載してもらうもの。

下記のHTMLタグをコピーして簡単にリンクが貼れます