Webマーケティングとは?Webマーケティングの定義を考える

この記事は約 4 分で読めます・1977文字

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは何でしょうか。「Webマーケティング論」で紹介するWebマーケティングの定義を決めます。

対象読者 : Webマーケティング論をはじめて読む方、Webマーケティングについて経験の浅い方

この記事を読んで理解できること : Webマーケティング論の考えるWebマーケティングの定義、「Webマーケティング」という言葉との付き合い方が理解できます。

目次

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webマーケティングが合体した言葉です。

ですので、Webマーケティングとは「Webを活用したマーケティング」、または「Web上で行われるマーケティング」のことを言います。Webという言葉自体の説明は省略します。ではもう一つの言葉、マーケティングとは何でしょうか?

マーケティングとは?

マーケティングとは何か」マーケティングの定義については、日本はもちろんのこと、世界各国で様々な定義があります。最も権威のある定義としては「アメリカ・マーケティング協会」が決めているマーケティングの定義があります。しかし、「アメリカ・マーケティング協会」の定義は少しまどろっこしさがあります。世界のマーケティングの定義については下記の記事をご覧ください。

マーケティングとは何か? 世界のマーケティングの定義を集めてみました | Webマーケティング論

より簡潔に説明し、私自身が最もしっくりきているセルジオ・ジーマンによるマーケティングの定義を紹介いたします

“マーケティングを行う唯一の目的は、より多くの人々に、より高い頻度で、より多くのお金を使わせ、自社商品を買ってもらうことである。”

そんなマーケティングなら、やめてしまえ!マーケターが忘れたいちばん大切なこと」「P15 第一章 なぜマーケティングが必要なのか?もちろん、利益を出すためである」より

そんなマーケティングなら、やめてしまえ!―マーケターが忘れたいちばん大切なこと
セルジオ ジーマン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 269,010

セルジオ・ジーマンによるマーケティングの定義を参考にし、「Webマーケティング論」におけるWebマーケティングの定義を以下のように定めたいと思います。

Webマーケティングの定義

先のセルジオ・ジーマンのマーケティングの定義に「Web」をくっつけます。

「Webマーケティングとはより多くの人々に、より高い頻度で、より多くのお金を使わせ、自社商品を買ってもらうWeb上の活動のことである」

Webマーケティング論ではこれをWebマーケティングの定義とします。

それでは、この中で大事なところを抜粋し、Webマーケティングの定義をWebサイトに当てはめてみましょう。

より多くの人々に
→ 「より多くの人々にWebサイトへ訪問してもらう

より高い頻度で、より多くのお金を使わせ、自社商品を買ってもらう
→ 「Webサイトに訪問した人々に高い頻度で商品を買ってもらう

というように言い換えることもできます。つまり、

「Webマーケティングとはより多くの人々にWebサイトへ訪問してもらい、Webサイトに訪問した人々に高い頻度で商品を買ってもらうWeb上の活動のことである」

とも言うことができます。少し冗長ではありますが、Webサイトのみを考える場合、こちらの定義のほうがより具体的でわかりやすいでしょう。

もちろん、お金と関係ないようなNPOやサークル、ボランティア関係、アート集団といった非営利団体が行うようなWeb上の活動にもWebマーケティングがあります。その場合は「より多くのお金を使わせ」という点が馴染まないかもしれません。

ただ、実際はお金が発生するビジネスの文脈でWebマーケティングを行うことが多いため、理解のしやすさを重視し、本定義を採用しています。非営利団体の方も本サイトで紹介するWebマーケティングは活用できるものですので、ぜひ活用していただきたいと思います。

Webマーケティングでお困りの方へ

Webマーケティング論を運営するマーケティストではWebマーケティングコンサルティング&運用サービスを行っております。Webマーケティングにお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

下記のHTMLタグをコピーして簡単にリンクが貼れます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA